得するカードはどれ?デパートカード徹底比較!

比較でお得!超クレジットカード選び

デパート(百貨店)カードを徹底比較

トップページへ >> 徹底比較!デパートカード

デパートカードの割引率&還元率を徹底検証!

デパートで買い物を楽しみたいという方は多いですが、なるべくならいいものを安く買いたいところです。 デパートカードはそのニーズに応えられるので、ショッピング好きな人は持っておきたいカードです。

で、どこが得なのか?−還元率を徹底比較!

デパートカードの還元&割引率を比較しやすいように表にしました(注:カード会社のサービス変更により今後年会費・料率は変わることがあります)。
※年会費はすべて税別


 年間利用額
カード名(発行元)年会費〜10万10〜20万20〜30万30〜50万50〜70万70〜80万80〜100万100万〜
伊勢丹アイカード、MIカード、Mカード
(三越伊勢丹)
初年度無料
(以降\2000)
5%5%7%8%10%
タカシマヤカード
(高島屋)
初年度無料
(以降\2000)
一律8%
松屋カード
(松屋)
初年度無料
(以降\1000)
5%7%10%
大丸松坂屋カード
(大丸、松坂屋)
初年度無料
(以降\1000)
5%
(半年間)
6%
(半年間)
7.5%
(半年間)
10%(半年間)
京王パスポートカード
(京王百貨店)
239円5%8%10%
クラブ・オン/ミレニアムカードセゾン
(西武百貨店、そごう)
無料2%4%5%7%
東武カード
(東武百貨店)
無料3%5%7%
カード名(発行元)年会費〜10万10〜20万20〜30万30〜50万50〜70万70〜80万80〜100万100万〜
小田急ポイントカード【OPクレジット】
(小田急百貨店)
初年度無料
(以降\500)
5%7%8%10%
東急TOP&ClubQカード
(東急百貨店)
初年度無料
(以降\1000)
3%5%7%10%
エメラルドカード(発行終了)
(阪神百貨店)
無料
(以降\1200)
一律5%
ペルソナカード
(阪急百貨店)
\20005%7%10%
パルコカード
(PARCO)
無料一律5%(発行後1年間。但し年間10万円利用で以後も5%オフ)
エポスカード
(マルイ)
無料一律10%(年4回の期間中。但し、通常時でもポイント2倍)
カード名(発行元)年会費〜10万10〜20万20〜30万30〜50万50〜70万70〜80万80〜100万100万〜

以上のように、利用金額が増えると割引率がアップするものが多いです。
では、具体的にどれを選んだらよいのでしょうか?検証してみましょう。

持つべきカードは具体的にどう選べばいいのか?

デパートカードは持っているだけでも年会費がかかるものが多いです。
なので少なくとも年会費分は得しないと意味がありません。

そこで、「いくら使えば年会費分のモトが取れるのか
ということを、あらかじめ計算しておくことをオススメします。

例えば、割引率が5%の三越カードを作るとします。
『三越で一年間に10万円分の買い物をする』と仮定して考えてみましょう。

カードを使った場合………10万円×5%=5000円引き
  5000円分浮くので、年会費2160円分のモトは取れる!(差し引き2900円の得!)

カードなしの場合………割引なし
  当然10万円の支出に変わりなし

以上のように、使う金額をある程度予想して少しでもトクするならば、そのカードを持つ意味があります。
ちなみに、年会費2160円の三越カードだと、年間43000円以上使えばほぼ年会費のモトが取れる計算になります。
(43000円×5%=2150円)

>>▲上に戻る<<

トップページへ >> 徹底比較!デパートカード



■比較でお得!超クレジットカード選びトップページへ■


当サイトの無断転載・引用を固く禁じます。
[免責事項]
掲載情報の正確性には万全を期しておりますが、当サイトの情報利用によって万一不利益を受けたとしても当サイトは責任を負いかねます。
Copyright(C) 比較でお得!「超」クレジットカード選び All rights reserved

クレジットカード知識編

分野別カード選び

特徴でカードを選ぶ

人気カード特集

提携国際ブランドで選ぶ

カード選びに役立つ知識

その他の情報