補償額で選ぶ!海外旅行傷害保険

比較でお得!超クレジットカード選び

海外旅行保険の補償額比較

トップページへ >> 補償額で比較!海外旅行保険

補償額で比較!海外旅行保険

海外に留学、旅行や出張によく行く方はクレジットカードに付帯する海外旅行保険の補償額は気になるところだと思います。

任意に海外旅行傷害保険に加入する場合、例えば、三井住友海上の海外旅行保険を例に挙げると、傷害死亡・後遺障害3000万円、6日以内の保険に加入する場合で8500円程度かかります。一般カードと同程度の補償でそれだけかかることになります。
また、ゴールド並みの1億円の保険がおりるタイプだと、同じく6日以内の保険で14000円近くかかります。多くのゴールドの年会費よりも高くなってしまいます。
これに対して、クレジットカード自動付帯の海外旅行保険は年会費を払えばいいだけです。格安で保険をつけられることになるので利用しない手はないと思います。

ここでは海外旅行傷害保険の額が高い順・補償内容別の補償額を整理して一覧表にしてみましたので、参考にしてください。

最高補償額を比較

海外旅行傷害保険の最高補償金額が高い順に並べてみました(年会費は税別)。


【ゴールドカード】
カード名年会費海外旅行(最高額)国内旅行(最高額)
ダイナースクラブカード\22,000(初年度無料)1億円1億円
アメリカンエキスプレスゴールド¥29,0001億円5000万
JCBゴールドカード
JCBドライバーズプラスゴールド
¥10,0001億円5000万
デルタ スカイマイル 
SuMi TRUST CLUB ゴールドVISAカード
\18,000(初年度無料)7,000万7,000万
SuMi TRUST CLUB ゴールドカード\12,000(初年度無料)7,000万7,000万
NTTグループカードゴールド\5,0005,000万5,000万
UCカードゴールド\10,0005,000万5,000万
三井住友ゴールドカード¥10,000(初年度半額)5000万5000万
JALカードCLUB-A¥10,0005000万5000万
楽天プレミアム¥10,8005000万5000万
《セゾン》ゴールドカード\10,0003000万3000万
三井住友プライムゴールドカード¥1,500〜5,000(初年度無料)5000万5000万

【一般カード】
カード名年会費海外旅行(最高額)国内旅行(最高額)
SuMi TRUST CLUBリワードカード\3,0003000万3000万
JCB一般カード\1,250(初年度無料)3000万3000万
三井住友VISAクラシックカードA
三井住友アミティエカード(女性用)
\1,500(初年度無料)
\1,250初年度無料)
2500万2500万
Yahoo!JAPAN カード Suica\500(初年度無料)2000万1000万
ライフカード海外旅行傷害保険付帯\1,250(初年度無料)2000万1000万
楽天カード永年無料2000万
三井住友VISAクラシックカード\1,250(初年度無料)2000万
REX CARD Lite永久無料2000万1000万
エクストリームカード\3,0002000万1000万
OMCカード\1,0001000万1000万
DCカードジザイル永年無料1000万
JAL普通カード\2,1601000万1000万
JALカードnavi在学中無料1000万1000万

>>▲上に戻る<<

海外旅行傷害保険の各最高補償額(補償内容別)

【各補償内容の具体例】
□傷害死亡・後遺障害…事故により死亡・後遺症が出た
□傷害・疾病治療…事故によるケガ・急病で病院に行った
□賠償責任…お店の商品を壊してしまった、他人をケガさせた
□携行品損害…旅行カバンの盗難にあった、カメラを落として壊したなど
□救援者費用…本人が急病などで家族が現地にかけつけるための費用


【ゴールドカード補償内容】
カード名傷害死亡
・後遺障害
傷害・疾病治療賠償責任携行品損害救援者費用
ダイナースクラブカード1億円200万1億円100万
(1旅行50万)
300万
アメリカンエキスプレスゴールド 1億円200万4000万100万
(1旅行50万)
300万
SuMi TRUST CLUB ゴールドカード7,000万円200万3000万30万100万
デルタ スカイマイル 
SuMi TRUST CLUB ゴールドVISAカード
7,000万円200万3000万30万100万
JCBゴールドカード
JCBドライバーズプラスゴールド
1億円200万3000万年間100万
(1旅行50万)
200万
NTTグループカードゴールド5000万200万2000万年間100万
(1旅行50万)
200万
UCゴールドカード5000万200万2000万年間100万
(1旅行50万)
200万
JALカードCLUB−A5000万150万2000万年間100万
(1旅行50万)
100万
楽天プレミアムカード 5000万200万2000万100万200万
三井住友VISAゴールドカード 5000万300万5000万50万500万
ゴールドカード《セゾン》 3000万100万2000万50万100万
三井住友VISAプライムゴールドカード 5000万300万5000万50万500万

>>▲上に戻る<<

【一般カード補償内容】
カード名傷害死亡
・後遺障害
傷害・疾病治療賠償責任携行品損害救援者費用
SuMi TRUST CLUBリワードカード3000万150万30万50万
JCB一般カード 3000万100万2000万20万100万
三井住友VISAクラシックカードA
三井住友VISAアミティエカード(女性用)
2500万100万2500万20万150万
三井住友VISAクラシックカード 2000万100万2500万20万150万
Yahoo!JAPAN カード Suica2000万200万2000万20万200万
ライフカード(海外旅行傷害保険付帯)
楽天カード
2000万200万2000万20万200万
REX CARD Lite 2000万200万2000万20万200万
エクストリームカード2000万200万2000万20万200万
オーエムシー(OMC)カード 1000万100万1000万10万100万
DCカードJizile(ジザイル) 1000万30万1000万10万50万
JAL普通カード1000万100万
JALカードnavi 1000万50万2000万100万100万

>>▲上に戻る<<

総評−結局どのカードがいいのか?(ゴールドカード編)

補償額の高さで選ぶなら、やはりゴールドでもプラチナ並みの補償になる「JCBゴールドカード(もしくはJCBドライバーズプラスゴールド)」が優れています。 マイルを貯めたい方は「デルタ スカイマイル 
SuMi TRUST CLUB ゴールドVISAカード
」だと入会特典で最初に6000マイルもらえるのでお得です。

ただ、JCB ゴールドカードで1億円の海外旅行傷害保険の適用を受けるには旅費(航空券やツアー料金など)をカード決済しないといけない点には注意が必要です(JCBゴールドでの決済ではない場合は最高5000万円になってしまいます)。この点は気をつけておきましょう。

バランスの良さでは「JALカードCLUB-Aがおすすめです。このカードは旅行代金をカードで決済しなくても自動的に保険の適用があるので、うっかりしがちな方に向いています。

20代の方でコストパフォーマンスを考えるならば、「三井住友ヤングゴールド(プライムゴールド)がおすすめです。初年度年会費が無料になる点で多少有利になります。


>>▲上に戻る<<

総評−結局どのカードがいいのか?(一般カード編)

補償額や年会費を考えると、コスパも含めてバランスがいいのは「JCB一般カード」になります。

ただ、海外にはVISAかMasterを持っていかないと不便なこともあるので、VISA・Masterを持っていない場合は「三井住友カード」と「JCB一般カード」の両方をもっておくという使い方もあります。
そういった使い方だと、補償額が複数のカードの合計になるというメリットがつくので、より安心して旅行できます(但、死亡・後遺障害の場合はどちらかのカードの最高額が上限になります)。

コストパフォーマンスを重視するならば年会費無料でも保険が付帯するREX CARD Lite」がおすすめです。旅行代金の決済にカードを使わなくても保険の適用がある(自動付帯)ので、最も使いやすいカードだと思います。

学生カードではJALカードnavi」が国内旅行保険もついており、補償内容が広いので、一歩有利です。


>>▲上に戻る<<

トップページへ >> 補償額で比較!海外旅行保険



■比較でお得!超クレジットカード選びトップページへ■


当サイトの無断転載・引用を固く禁じます。
[免責事項]
掲載情報の正確性には万全を期しておりますが、当サイトの情報利用によって万一不利益を受けたとしても当サイトは責任を負いかねます。
Copyright(C) 比較でお得!「超」クレジットカード選び All rights reserved

クレジットカード知識編

分野別カード選び

特徴でカードを選ぶ

人気カード特集

提携国際ブランドで選ぶ

カード選びに役立つ知識

その他の情報